手作り石鹸ブログ「徒然草」にようこそ。 徒然草は自然派通販サイト「ハース」の手作り石鹸専用のブログです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
木の実の石鹸
111.jpg

マカデミアナッツオイル
スイートアーモンドオイル
ヘーゼルナッツオイル
パームオイル
パームカーネルオイル
挽いたマカデミアナッツ
挽いたアーモンドナッツ
ココアパウダー

マカデミアナッツオイルとスイートアーモンドオイル、ヘーゼルナッツオイルの特色を生かしたトリコロール(三色)の石鹸です。小豆色の層はマカデミアナッツオイル、マカデミアの実をミルで細かくし混ぜ込んでいます。真ん中の白い層はスイートアーモンドオイル、細かくしたアーモンドナッツを同じように混ぜ込みました。最後のマーブル模様の層はヘーゼルナッツオイルです。マーブルはココアパウダーで模様づけしています。

ナッツ特有の香りを生かすため精油は使用していません。トリコロール(三色)は作る過程が面倒で、3日間かけて層を重ねます。手間はかかりますが見た目にも楽しめる石鹸に仕上がったと思います。

マカデミナナッツオイルはワイン色のような茶系統のとても深い色合いです。トレースは1時間以内。ヘーゼルナッツオイルは黄土色っぽいアイボリーです。トレース早く6時間と少し長めです。スイートアーモンドは白に近いアイボリー色、トレースは15分ほどです。

FC2ブログランキングに参加中! 一押しご協力お願いします。
 
『手作り石鹸のハース』 ハースの手作り石鹸は、天然植物性オイルと、丹沢の名水「護摩屋敷の湧水」を使用した苛性ソーダ水をベースに、無添加天然素材だけを利用した保湿豊かな石鹸を作っています。これからも徐々に品数を増やしていく予定ですので、ぜひ見に来てくださいね。
page top
アボカドピール石鹸
Dsc00061.jpg

森のしずくアボカドオイル
スイートアーモンドオイル
アボカドバター
パームカーネルオイル
パームオイル
キャスターオイル
アボカドピール
丹沢の湧水
苛性ソーダ
レモンEO
ティートリーEO
ローズマリーEO

森のしずくアボカドオイルを贅沢に使用しました。乾燥させたアボカドの皮をミルで粉々にして全体に混ぜ込んだ斑入り石鹸です。森のしずくのアボカドオイルは透明色が強く、他のオイルと混ぜ合わせると白いタネができます。アボカドオイルでのカララントには最適だと思いますが、値段が高いのが難点ですね。ドライハーブというわけではありませんが、アボカドの皮を乾燥させミルで粉々にした状態をタネに混ぜ込みました。できあがりはホワイトチョコチップアイスクリームみたいです。トレースがでるまで約30分ほど、気温が上がってきたので早いです。

FC2ブログランキングに参加中! 一押しご協力お願いします。
 
『手作り石鹸のハース』 ハースの手作り石鹸は、天然植物性オイルと、丹沢の名水「護摩屋敷の湧水」を使用した苛性ソーダ水をベースに、無添加天然素材だけを利用した保湿豊かな石鹸を作っています。これからも徐々に品数を増やしていく予定ですので、ぜひ見に来てくださいね。
page top
ダマスクローズのハニー石けん
アボカドピール

世界最高級といわれるダマスクローズのフローラルウォーターと精油を使った石けんです。苛性ソーダ水は丹沢の湧水とダマスクフローラルウォーターをそれぞれ90g半々にしました。ベースオイルはヤブ椿油50%、キャスターオイルも10%加えています。保湿力のあるホホバオイルとバラの蜂蜜をスーパーファットとして、そして、模様づけにダマスクのドライローズをミルで細かくして混ぜ込みました。もともとのタネの色は白だったんですが、バラの蜂蜜を入れたら濃いアイボリー色になりました。その後ローズマイカのカララントを加えたら、さらに濃い目の色に。しかし、香りがとても素晴らしいんです。苛性ソーダ水の素材に使用したフローラルウォーターの香りももちろん加わっているんですが、何といってもダマカスローズオットーのエッセンシャルオイルがもう、優雅でエレガント、究極の麗しい香りなんですね。v

そんな贅沢なローズを使用した材料はこちら。
◇400gバッチ ディスカウント10%
ヤブ椿油50%
パームオイル20%
パームカーネルオイル20%
キャスターオイル10%
ホホバオイル 大さじ1(スーパーファット)
ローズダマスクローズの花びら
ローズバラのハチミツ 大さじ半
ローズ精油 ダマスクローズオットー 43滴
ローズ丹沢の湧水99g+ダマスクフローラルウォーター99g
マイカ(ローズキッス)適量
苛性ソーダ38g

rose使用している素材はブルガリア、バルカン山脈の南部に位置するダマスク地方のローズ、いわゆるダマスクローズです。このローズを生産しているのはカザンラック渓谷のタルケリア村に蒸留所を構えるエニオ・ボンシェフ社という民間企業。ここではローズオイルとローズウォーターを中心に生産を行っています。ここのローズオイルは高い品質製で世界中から高評価を受けていてエッセンシャルオイル国際大会ではユネスコから金賞を受賞しているほど有名なんです。最近では最新の蒸留施設を増設し2002年にはバラとラベンダー製品の有機証明の証明書を製品につけているということです。ダマスクローズウォーターは全ての肌タイプにおすすめな化粧水。ダマスクローズオイルは精神面からくるストレス緩和、気分高揚、ホルモン分泌の調整におすすめです。やっぱり、本物は値段も高価です。トールローズ

『ダマスクローズ化粧品ならこちらから』
FC2ブログランキングに参加中! 一押しご協力お願いします。
 
『手作り石鹸のハース』 ハースの手作り石鹸は、天然植物性オイルと、丹沢の名水「護摩屋敷の湧水」を使用した苛性ソーダ水をベースに、無添加天然素材だけを利用した保湿豊かな石鹸を作っています。これからも徐々に品数を増やしていく予定ですので、ぜひ見に来てくださいね。
page top
アボカドオイルで作った石けん
アボカド
両者のオイルを比較してみました。左がオリバード、右が森のしずくです。舐めてみますと森のしずくのほうが、じゃっかんサッパリとしているように思えます。両者でそれぞれ石鹸を作ってみました。材料は同じでです。

640g ディスカウント10%
アボカドオイル40%
アボカドバター10%
スイートアーモンドオイル10%
パームオイル10%
パームカーネルオイル20%
キャスターオイル10%
丹沢の湧水33%
レモンEO 60滴
ティートリーEO 20滴
ローズマリーEO 20滴
苛性ソーダ80g

アボカド

オリバードの方が緑色に近く、他のオイルと合わせると緑の強い緑黄色が鮮やかにでます。森のしずくは、全てのオイルと混ぜ合わせると白に近い綺麗なアイボリー色になります。共に20分ほどでトレースがでました。特徴の違いは色だけでしょうね。オリバードの落ち着いた緑黄色はとても綺麗で、いかにもアボカドオイルを使った石けんという感じがします。アボカド石けんに好みのカララントで独自な模様づけをしたければ、白色に近い森のしずくが最適です。私の感想では、若干値段のはる森のしずくは石けんの材料としても良いのですが、やはり高級油ですので料理に使用する事をおすすめします。より充実した料理レシピが楽しめるかと思いますよ。

FC2ブログランキングに参加中! 一押しご協力お願いします。
 
『手作り石鹸のハース』 ハースの手作り石鹸は、天然植物性オイルと、丹沢の名水「護摩屋敷の湧水」を使用した苛性ソーダ水をベースに、無添加天然素材だけを利用した保湿豊かな石鹸を作っています。これからも徐々に品数を増やしていく予定ですので、ぜひ見に来てくださいね。
page top
透きとおったアボカドオイル、森のしずくロシオ デル ボスケ
avocado
◇もう一つ、スペイン語で「森のしずく」といわれるロシオ デル ボスケ(ROCIO DEL BOSQUE)というアボカドオイルも、とあるモールフィルで発見しました。メキシコのミチョアカン州の州都モレリアで栽培されているハス種のアボカドフルーツだけを独自製法で丁寧に抽出し、そのまま瓶詰めされたフレッシュで美味しい食用オイルです。色はほぼ透明でクセがあまり無いんですよね。

メキシコはアボカド生産国の中では生産量一といわれ、その中で、ミチョアカン州は60%以上の生産シュアを占める大生産地域と銘打っています。何でも、中央アメリカ原産のアボカドは500種類以上あり、その中の7種類が、最も良い品種と言われています。7種類の品種=ハス種、グエン種、リード種、スタノ種、フエルテ種、ベーコン種、ヒンケルトン種。この中でもハス種は食用にも油用にも利用される品種で、品質、生産性、輸送の難易度という面からも最も利用されているアボカドです。サラダ、パスタ、炒め物、揚げ物などに最適な植物油です。
森のしずくはこちらで扱っています→アボカドワールド

FC2ブログランキングに参加中! 一押しご協力お願いします。
 
『手作り石鹸のハース』 ハースの手作り石鹸は、天然植物性オイルと、丹沢の名水「護摩屋敷の湧水」を使用した苛性ソーダ水をベースに、無添加天然素材だけを利用した保湿豊かな石鹸を作っています。これからも徐々に品数を増やしていく予定ですので、ぜひ見に来てくださいね。
© 手作り石鹸の徒然草. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。